当社の製品応用分野:新エネルギー自動車の電池加熱

       
        鉛酸電池、ニッケルカドミウム電池とニッケル水素電池の代代の技術の交替を経て、今の主流の電気自動車はほとんどリチウム電池を中心とする電池パックです。主な原因は、リチウム電池の多重の利点が、より良い重量エネルギー密度、より良い高温および低温充放電性能、より長い寿命を持っている。
        冬の環境温度の低下は、主にリチウム電池の電解液の粘度が上昇し、電池内部のリチウムイオンの活動が遅くなる(電池内抵抗が増大する)ということで、電池の放電(出力)の電流が減少して電池の起動電力が減少している。環境温度がマイナス20℃を下回る時に電池を充電したり放電すると、電池の寿命を大きく減らすことができ、動力の出力や航続距離などが影響します。このため、電気自動車はリチウム電池組に加熱システムを設置し、リチウム電池の充電や起動(放電)前に予熱保護電池組を行うことで、すでにハイエンドの電気自動車業界の普遍的なやり方となっている。電気自動車の加熱システムは、自動車に暖房を与えるほか、低温環境で電池が正常に使用できるようにするためである。